ホーム > お茶の知識 > お茶の淹れ方
  • お茶ができるまで
  • お茶の淹れ方

はじめに

「お茶をおいしく淹れるのは難しい」 とよく聞きますが、 ふだん皆様が召し上がるようなお料理に比べれば材料も工程もお茶を淹れる方がずっと少なく単純です。特に、さすき園のお茶はどなたでも簡単においしく淹れられるように研究に研究を重ねて作られたお茶なので、 多少お湯が熱くてもお茶の量が適量ではなくても、きっとおいしく召し上がっていただけるものと自信を持っています。

しかし、やはりちょっとしたポイントを気を付けていただくとお茶の味がぐっとおいしくなります。このページが、皆さまが自信を持ってお茶を淹れるのに少しでもお役に立てればと願っております。

水について

水は、お茶を淹れる上で大切な要素です。

日本の水道水は一般的に軟水で、お茶をおいしく淹れるための硬度・酸性度に当てはまります。ただ、カルキ臭はお茶の味を損なうので除去して下さい。

カルキ臭を除去するためには、
・やかんのふたをはずして長めにお湯を沸かす。(お湯が沸いてから2〜3分程度)
・浄水器を利用する。
・カルキ除去機能のある電気ポットを使用する。
上記いずれかの対応をしていただくだけで大丈夫です。

茶器の選び方

急須の選び方

1. 急須においては、大は小を兼ねます。迷った時は大きめをお求め下さい。特に底の面積が大きい物がお茶がおいしく出ます。

2. 持ったときに手になじみ、バランスの取りやすい物を選んで下さい。くらりとしたり、注ぎづらい物は避けて下さい。

3. さすきのお茶には金属製の網が合います。少し網目が大きめがお勧めです。特に蓋無し急須がお勧めです。

湯呑みの選び方

1. 湯呑みは、持つ部分が2寸2分(6cm6mm)程度の物が人間が力を入れずに持っても落としづらいと言われています。一つの目安として下さい。

2. 口が少し外側を向いて開いたような形が飲みやすく、お茶を味わうのにも向いています。

3. 口に当たる部分が薄手だと味がわかりやすいです。

お茶を淹れる3大ポイント

お茶を淹れる3大ポイントは、茶量・湯量・湯温です。

大前提としてはお好みで調節していただくことが一番ですが、それぞれ味にどのような影響を与えるかということと、標準的な量は以下をご参照下さい。

茶量

茶量は、当然多ければ多いほど味が濃く出ます。同じ量のお茶を淹れるのであれば、上質なお茶ほど茶量を増やすとおいしく淹れられます。さすき園のお茶は目安として小さじすりきり一杯が3〜4g程度です。

湯量

湯量は、上質なお茶ほど少なめに入れて少量を丁寧に味わうように淹れます。また、日常的なお茶はのどを潤せるように湯量を多めに入れます。湯量と湯呑みの加減は慣れるまでは目見当では難しいので、下記の説明の通りお湯を冷ます際に湯呑みを使うとお湯の量も同時に量れて便利です。

湯温

湯温が80度より高いと渋みの元となるカテキンや苦みのもととなるカフェインが湯中に溶け出すので、お茶のうまみを楽しみたい時は70度程度までの温度で、逆にさっぱりと飲みたい時には80度以上の高い温度でお茶を淹れることでお好みのお茶に近づけることができます。

さすきのお茶を淹れる際の目安

品名茶量湯量湯温
7g150cc70度
薫風7g150cc70度
さすき緑7g150cc70度
八十八夜7g240cc80度
日常茶茶9g300cc80度

お湯の温度の調整方法

お湯の温度は、器から器に移す度に5〜10度下がります(気温や使う器によって異なります)。お湯を湯呑みに入れたときに熱くて持っていられないというのは煎茶を淹れる温度としては高すぎるので、お湯の入った湯呑みを持っていられる程度の温度を目安にして下さい。

例えば、ポットでお湯を沸かす場合は、ポットの設定が90度の場合、湯冷ましに移すと80〜85度に下がり、湯呑みに移すと70〜80度になります。お湯を冷ますのと同時に湯量も量れて便利です。

お茶の淹れ方

1. 人数分のお茶、お湯と茶器を準備して下さい。
2. 急須にお茶を入れて下さい。
3. お湯の全量の内3分の1から5分の1を注ぎ、葉が開くのを目で確認して下さい。
4. 葉が開いてきたら、残りのお湯を注いで5秒程度お待ち下さい。
5. お湯を少しずつ注ぎ分けて下さい。淹れている途中で色が薄そうだと感じたら、急須を少し水平に回して濃さを調節して下さい。
6. 出来上がりです。色は↓の画像の色を目安にして下さい。
7. 2煎目、3煎目とお飲みいただくのに従って温度をだんだんと高めにしていただくと味の変化が楽しめます。お茶の楽しみ方として「甘(かん)・渋(じゅう)・苦(く)」といって、1煎目は甘みを、2煎目は渋みを、3煎目は苦みを味わえると言われています。

お茶の淹れ方(動画)