ホーム > サービス > 茶業者の方へ
  • 法人のお客様へ
  • 茶業者の方へ

いつまで不安定なお茶を使うのですか

「茶業は厳しい」

こんな言葉をますます耳にするようになってきました。
ある推計では、5年以内に既存茶業者の半数以上が廃業に追い込まれるだろうと言われています。

「茶業はもう無理だ」

もし、あなたがこう思われているなら、ちょっと待って下さい。今は茶業者にとって、とんでもないチャンスの時でもあるのです。

今、まさに求められているのはまぎれもなく高品質であること。それも、瞬間最大風速的な高品質ではなく、雨の日も風の日も、毎日安定して高品質なものを必要なだけ生産する技術力そのものです。

その技術力を持てるかどうかが、5年後の半数、いや、3年後のトップ5%に入れるかどうかを決めるといっても過言ではありません。

真の高品質とは?

ここで、もう一度お尋ねします。

「高品質とは何でしょうか。」

答えを一言で言うならば、一定した高い品質と供給量です。この、品質・安定・供給量の3つを支えるのは紛れもなく技術力であり、それも、カンや経験に頼りきった技術力ではなく、栽培・製造すべてにおいて、理論や分析を土台にした上での「安定した」技術力です。

高品質実現へのアプローチ

では、安定した技術力とは、具体的にどういったものでしょうか。

一つは、高度な栽培の技術です。生葉自体の品質向上なしには、高品質は実現できません。

最高レベルの生葉を栽培するためには、

・土壌分析値に基づいた、最適な施肥設計
・積極的な農家啓蒙・育成
・分析値に基づいた作業計画修正

が不可欠です。

また、同時に製造加工の高い技術も求められます。生葉を活かすも殺すも製造技術次第です。

最高レベルの製造を行うためには、

・粗茶加工の黄金則に則った設定・数値管理
・生葉の状況にきめ細かく対応できる工程管理
・職人の技術と目利き力の育成

が必要になってきます。

全部見せます

上記ポイントの具体的なノウハウは、弊社が数十年かけて蓄積してきた知恵の結晶であり、競争力の全てです。

ただ、その知恵を隠し続けるつもりはありません。むしろ、必要とされている方々に技術コンサルティングというかたちでご提供していこうと考えています。

技術コンサルティングでは既に鹿児島や静岡といった、日本有数の企業様から引き合いをいただいており、今後ますます多くの「本気の」茶業者様とお付き合いできればと考えております。

まずはお気軽にこちらのお問い合わせフォームからお問い合わせ下さい。工場見学も大歓迎です。弊社の知恵の結晶を是非体感いただければと願います。

お客様の声

有限会社上室製茶 上室様

「なんてこのお茶は飲みやすいのだろう?」さすきさんのお茶を初めて飲んだ時の感想です。すっきり感があり「もう一杯!」と言いたくなるお茶。あれから6年程のお付き合いをさせて頂いております。

それまで私は異常気象で年々変化する気候条件に左右されないよう茶の樹の声に耳を傾け長年の勘と経験に基づきお茶の栽培に日々、取り組んでいました。ですが成功と失敗の連続でとても満足のいくお茶ができていませんでした。さすきさんと出会い「理論と数値を活かした栽培管理」・「素材の良さを十分に引き出せる製造方法」を目の当たりにし「茶業者にこんな素晴らしい考えをもった方がいるなんて!」衝撃を受けました。それから、事あるごとにアドバイスを頂き、私のお茶づくりに活かしております。

現在では栽培において土壌診断分析に基づいた管理を実践、製造法も見直し生産されるお茶が変わりつつあることを実感し、さすきさんに出会えた事に感謝の日々を送っております。